IPO投資の証券会社を比較!穴場な証券会社も紹介

IPO投資の証券会社比較 穴場な証券会社も紹介
  • URLをコピーしました!

こんにちは、さとむぎ夫婦のさっとんです。

IPO投資をするには証券口座が必要です。

今回は、さとむぎ夫婦が開設している16の証券口座の特徴を紹介しますので、口座開設の参考にしてください。

16もあったら迷うって人は、さとむぎ夫婦の必須&穴場証券会社から開設することをオススメします。

IPO投資って何?って人は、別記事を見てくださいね。

紹介する前に、必要な用語を押さえておきます。

  • 幹事数
    • IPOを引き受ける数、これが多いほど申し込めるIPO銘柄が増える
  • 前受金
    • 抽選申込時に必要な資金、前受金が不要だと、当選までお金がいらない
  • 平等抽選
    • 1人1票で抽選をする、100株の申込でも1000株の申込でも、当選確率が変わらない
  • 口数比例抽選
    • 株数に応じて抽選する、100株なら1回、1000株なら10回となり、資金が大きいほど当選しやすい
  • 後期抽選型
    • 申込可能期間に申し込んだ後、購入期間に再度申込をしてから抽選される形式
目次

さとむぎ夫婦的 必須&穴場な証券会社

さとむぎ夫婦厳選の証券会社を紹介します。

必須の証券会社

穴場の証券会社

  • CONNECT:口座開設数が少ない割に幹事数が多い
  • 東海東京証券:口座開設数が少ない割に幹事数が多い

各証券会社の細かな特徴は、この後の記事で確認してください。

迷ったら、とりあえず必須の6つから開設をオススメします。

IPO投資をするなら口座数は多い方が良いです。

なぜなら、「口座数=申し込める数」になるので、当選する確率が上がります。

では、さとむぎ夫婦が開設している証券会社の特徴を紹介していきます。

幹事数が多い証券会社

SBI証券

圧倒的に幹事数が多く、約90%で幹事をしています。

申し込める数が多いので、抽選できる回数も増えます。

ただし、口数比例抽選なので、資金力の差で抽選回数が変わります。

みずほ証券

全体の7割程度で幹事をしています。

ネット申込は平等抽選で、引き受け株数の10%がネット申込に回ってきます。

SMBC日興証券

全体の6割程度で幹事をしています。

ネット申込は平等抽選で、引き受け株数の10%がネット申込に回ってきます。

また、ステージ制を採用しており、ステージがあがると再抽選してくれます。

完全平等抽選の会社

マネックス証券

100%平等抽選なので、資金が少ない人でも、運で当たります。

しかも全体の5割~6割で幹事をしており、引き受け数も多いです。

さとむぎ夫婦的には一押しの証券会社です。

楽天証券

後期抽選型の証券会社です。

口数比例抽選なのですが、原則100株までしか申し込めないので、実質100%平等抽選になっています。

幹事数も6割程度と多いので、こちらもオススメです。

auカブコム証券

後期抽選型の証券会社です。

100%平等抽選で、全体の2割~3割の幹事数です。

DMM.com証券

完全平等抽選なので、持っておいて損はないです。

ただ、引き受け幹事数が1割程度なので、申し込める機会が少ないです。

前受金不要の証券会社

野村証券

前受金不要で全体の5割程度の幹事を引き受けています。

ネット申込は平等抽選で、引き受け株数の10%がネット申込に回ってきます。

岡三オンライン証券

岡三証券とは別です。

全体の3割~4割程度の幹事数です。

平等抽選が10%で、残りはステージに応じて抽選回数が増えます。

松井証券

全体の3割程度の幹事数です。

平等抽選が70%と、他の証券会社と比べると平等抽選の割合が高いです。

SBIネオトレード証券

全体の1割程度の幹事数です。

平等抽選が10%で、残りはステージに応じて抽選回数が増えます。

その他の証券会社

大和証券

全体の4割~5割の幹事を引き受けており、幹事数はそれなりにあります。

ネット申込は平等抽選で、引き受け株数の10%がネット申込に回ってきます。

CONNECT

大和証券グループの証券会社で、大和証券の幹事を委託で引き受けており、大和証券と幹事数は同じぐらいです。

平等抽選が70%あり、ねらい目の証券会社です。

岩井コスモ証券

後期抽選型の証券会社です。

全体の4割程度の幹事数です。

平等抽選は10%で、40%がステージ制になっています。

丸三証券(丸三トレード)

全体の1割~2割の幹事数です。

平等抽選は10%ですが、口座開設数が少ないのが特徴です。

東海東京証券

全体の2割~3割の幹事数です。

平等抽選は10%で、こちらも口座開設数が少ないのが特徴です。

 

たくさんありますね。

ひとまず、さとむぎ夫婦オススメの証券会社を開設して、次に開設するなら、前受金不要の証券会社をオススメします。

当選するまで資金が不要なので、とりあえずで申し込みができます。

ただ、口座数が増えると管理が大変なので、さとむぎ夫婦はエクセルで管理をしています。

まとめ

今回は、さとむぎ夫婦が開設している証券会社の特徴を紹介しました。

  1. 必須の証券会社は6つ
    SBI証券、マネックス証券、みずほ証券、SMBC日興証券、楽天証券
  2. 穴場の証券会社は2つ
    CONNECT、東海東京証券
  3. 必須と穴場の次に開設するなら前受金不要の証券会社がオススメ
    岡三オンライン証券、松井証券、SBIネオトレード証券

IPO投資で、少しでも資産を増やして、どんどん運用に回していきましょう!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

公式LINEで質問・相談受付中!

さとむぎ夫婦の公式LINEから、質問や相談ができます。

お仕事依頼も受け付けておりますので、お気軽にどうぞ!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる