個人型確定拠出年金 iDeCo(イデコ)の始め方と運用方法

個人型確定拠出年金 iDeCo(イデコ)の始め方と運用方法
  • URLをコピーしました!

こんにちは、さとむぎ夫婦のさっとんです。

今回は老後資金を確保する仕組みである『iDeCo』を紹介します

みなさんが抱える、こんな悩みを解決できますよ

  • 「老後に2000万円とか、どうやって貯めよう・・・」
  • 「貯金だけよりも資産運用が良いのかなぁ・・・」
  • 「つみたてNISAとiDeCo、どっちから始めよう・・・」
目次

iDeCoとは

個人型確定拠出年金『iDeCo』とは、自分で年金を作る制度のことです。

自分でiDeCoに加入をし、毎月一定の金額を積み立て、そのお金を金融商品で運用し、60歳以降にお金を受け取る仕組みです。

  • 個人で加入するので、「個人型」
  • 毎月一定の金額を積み立てるので、「確定拠出」
  • 60歳以降に受け取るので、「年金」

●個人なら誰でも加入できる?

原則20歳以上60歳未満の人なら加入できます

※2022年5月以降は条件付きで60歳以上65歳未満の人も加入できるようになります

ただし、以下に当てはまる人は加入ができません。

  1. 国民年金保険料の未納者
  2. 海外に住んでいる
  3. 勤務先に企業年金があり、加入を認めていない
  4. 農業者年金に加入している

●毎月の金額はいくらから?

月額5,000円から始めることができ、1,000円単位で上限まで可能です。

職業によって、上限金額が決まっています。

職業上限金額
公務員月額1万2000円
会社員(企業年金あり)月額1万2000円・2万円
会社員(企業年金なし)月額2万3000円
専業主婦・主夫月額2万3000円
自営業月額6万8000円

●どんな金融商品がある?

定期預金、保険、投資信託があります。

定期預金と保険は元本割れリスクはありませんが、金利が低いです。

投資信託は元本割れリスクはありますが、運用成績で資産が大きく増える可能性があります。

また、金融機関によって取り扱っている商品が異なります

●年金の受け取り方は?

60歳以降に一括や分割で受け取ることができます。

また、併給と言って、一部を一括で残りを分割にすることもできます。

万が一、60歳より前に死亡や高度障害の場合は、その時点でもらうことができます。

※死亡の場合は遺族が受け取ります

iDeCoのメリット

iDeCoは複数の税制優遇を受けることができて、そのメリットは3つあります。

積立金額すべてが「所得控除」の対象

iDeCoの掛け金は全額、小規模企業共済等掛金控除の対象となり、所得税や住民税が節税できます。

表は、積立金額と年収による節税金額の目安です。

掛け金年収400万円年収500万円年収600万円年収700万円年収800万円
月1万円18,000円18,000円24,000円24,000円36,000円
月2万円36,000円36,000円47,000円48,000円73,000円
月2.3万円41,000円41,000円54,000円55,000円81,000円
※金額は目安で、扶養家族が1人の場合の金額です。

運用で得た利益はすべて「非課税」

金融商品から得られた利益には、通常20.315%の税金がかかります。

iDeCoであれば、この税金が全くかかりません

運用して利益が大きくなるほど、得をします。

受け取り時に「退職所得控除」「公的年金等控除」の対象

受け取り時に、一定の金額までは税金がかかりません

一括であれば「退職所得控除」を、分割であれば「公的年金控除」を受けられます。

ただし、全額控除ではなく、一定金額を超えると税金がかかります。

iDeCoのデメリット

デメリットも3つあります。

60歳まで引き出せない

iDeCoは年金として受け取ることを目的としているため、60歳まで引き出すことができません

ただ、月額5,000円でも、節税効果が大きいので、余裕資金があるならデメリットにはなりません。

手数料がかかる

加入時(1回)、運用時(毎月)、受け取り時(振込毎)に手数料がかかります。

ただし、月額5,000円以上の掛け金であれば、節税効果の方が上回ることがほとんどです。

また、投資信託で運用益が大きいと非課税のメリットが大きくなるので、必要以上に気にしなくても大丈夫です。

元本割れリスクがある

運用商品を投資信託にした場合は、価格が変動するため、元本割れリスクがあります。

ただし、きちんと商品を選べば、元本割れリスクはかなり軽減できます。

どうしても元本割れリスクを避けたいなら、定期預金か保険を選べばOKです。

iDeCoの始め方

iDeCoは専用口座を開設して行います。

その手順は7ステップです。

①運営管理機関(金融機関)を選ぶ

専用口座は1つしか作れませんので、どの金融機関にするか決める必要があります。

金融機関によって、手数料や金融商品が異なります。

オススメは金融商品が充実しているSBI証券です

ネットの証券会社であれば手数料はほとんど変わりませんので、商品の充実度で選ぶことをオススメします。 

②資料を請求する

申込書類を請求して、加入手続きを行います。

※勤務先が企業型確定拠出年金を導入している場合は、iDeCo加入がOKか確認しましょう

③運用商品と掛け金を決定する

どの金融商品で運用するのか、いくら積み立てるのかを決めます。

さとむぎ夫婦は投資信託から運用商品を決めて、上限金額で運用しています。

④加入申込書の提出

運用商品を決定したら、加入申込書を提出しましょう。

会社員や公務員の人は、勤務先記入の書類があるので、忘れず準備しておいてください。

⑤口座開設完了の確認

開設が完了したら、「口座開設のお知らせ」と「加入資格確認結果通知」が届きます。

⑥運用開始

原則、申込月の翌月から掛け金が引き落とされ、運用が開始されます。

⑦定期的な状況チェック

運用開始後は基本的には放置でOKですが、時々は資産状況をチェックしましょう。

また、運用商品を変えることもできます。

さとむぎ夫婦のiDeCoの運用方法

さとむぎ夫婦は、どちらも会社員なので、月額23,000円を2人とも積み立てています

運営管理機関はもちろんSBI証券ですよ。

株式と不動産の投資信託で運用しており、損益も大きくプラスになっています。

詳しい銘柄や損益状況は、こちらの記事から確認できます。

さとむぎ夫婦が投資信託で運用する理由は、資産の増加を期待しているからです。

定期預金や保険は金利が低く、ほとんど資産が増えません。

投資信託だと元本割れリスクはありますが、お金の勉強をする中で、投資信託の方が期待できると考えたので、リスクをとって運用しています。

お金の勉強のオススメ本も紹介していますので、是非、見てください。

どっちが良い?iDeCoとつみたてNISA

結論は、つみたてNISA⇒iDeCoの順ですることをオススメします。

つみたてNISAの詳しいことは、こちらで確認できます。

iDeCoもつみたてNISAも税制優遇があり、どちらもオススメの資産運用です。

ただ、iDeCoは60歳まで引き出せないデメリットがあります。

その点、つみたてNISAはいつでも引き出すことができるので、まずはつみたてNISAから始めることをオススメします。

 

いざ資産運用を始めてみたけど、生活費が足りなくなったでは困りますよね。

余裕資金ですることが前提ですが、急な出費に対応しやすいのはつみたてNISAです。

 

つみたてNISAの年間上限額が40万円なので、それ以上に資産運用できる余力があれば、iDeCoも一緒にすることをオススメします。

どちらもできると、iDeCoの所得控除の恩恵も受けられ、どちらも運用益が非課税と、税制優遇を多く受けられるので、どちらもできるよ良いですね。

まとめ

今回は、個人型確定拠出年金『iDeCo』について紹介しました。

  1. メリットとデメリットを理解した上で、余裕資金で始める
  2. オススメの運営管理機関はSBI証券
  3. つみたてNISA⇒iDeCoの順がオススメ

税制優遇のメリットを活用して、素敵な投資ライフにしていきましょう!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

公式LINEで質問・相談受付中!

さとむぎ夫婦の公式LINEから、質問や相談ができます。

お仕事依頼も受け付けておりますので、お気軽にどうぞ!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる